生活のこと

年賀状を今年で辞めた話し

年賀状を辞める

2024年の新年に出した年賀状を最後に、年賀状を辞めることにしました。

だ、だって面倒なんだもん…!

私の「辞め時」は今年でした。

年賀状を辞めよう

最近は出す人も少なくなっていて、身内の高齢者とSNSをやっていない友達に11人ほど出してたんです。

身内の高齢者(叔父叔母)たちも終活してるとよく言ってるし、SNSをやっていなかった友達も最近やり始めたりしてたんですよね。

年末なんてバタバタしていつもより忙しいのに、アナログで作るのが面倒になってきて。

Facebookとか、Instagram、LINEで挨拶するから、もういいかなと思ったんです。

あと、2024年の秋ごろからハガキの郵便料金が63円→85円に値上げになるんですよね。

それもきっかけのひとつです。

最後の年賀状はこんな感じ

毎年4コママンガで年賀状を描いているのですが、正直に気持ちを描きました。

いつも出していた年賀状が急に来なくなるって、なんだか今まで出してくれていた人も感じが悪いし「どうして辞めるのか?」という理由を書きましたよ。

年賀状を辞める01

身内や友達だからはっきりと理由を言えるんですけどね。

年賀状を辞めてもメッセージを気軽に下さいとか、更新しているSNSのQRコードを張っておけば、どこかで繋がっていられる安心感があります。

年賀状を辞める時の挨拶文ってどんな感じ?

年賀状の内容は3つの構成にしました。

  1. 挨拶
  2. 年賀状じまいの理由
  3. 今後の提案

年賀状じまいの理由だけかしこまったけど、この3つを入れておけばいいんじゃないでしょうか!

「毎年いただいております年賀状ですが、誠に勝手ながら今年限りで失礼させていただきたいと思います」

丁寧な文でなんだかとっても誠実に感じます。

おわりに

SNSが普及していなかったころは、年賀状のやりとりが楽しみでもあったのですが、いまは年賀状じゃなくてもお互いの様子がすぐに知れます。

年賀状をやり取りしていた人たちに対してはこれからも、大事にお付き合いしてきたいって思ってますよ。

きちんと「年賀状辞める!」と宣言すると、気持ちが軽くなりました。

ABOUT ME
多摩手はこ
北海道札幌に住んでいます。高校生の息子と2人暮らしのシンママ☃️フリーランスで漫画・イラスト・ライターのお仕事しています。