ヘッダー画像
ハンドメイド

文化出版局の【つけ襟ライフ】を読んで実際に作ってみた感想

つけ襟アイキャッチ

つけ襟って憧れる

私はシンプルな洋服が多く、たまに着ているものに変化をつけたいと思ったときに、つけ襟ってすごくステキだなぁって思ったんです。

私は高校卒業してから洋裁の学校に2年通っていて、縫製は得意なんですがパターンが苦手なんですよね。

本屋さんで「つけ襟ライフ」を見つけて、「パターンがあればすぐに作れる」ということで早速作ってみました。

スモッキングステッチのギャザー襟

▼初めに作ったのはこちら

紺色 ギャザー襟

ギャザーがたくさん入った紺色の襟です。

1m1,000円の生地を0,3m使って作ったので、制作費は約300円!

制作時間は約2時間で出来ましたよ。

夏に着ている黒いシンプルなAラインのコットンロングワンピースに合いそう。

簡単なのにこんなに短時間でかわいいものが出来るなんて…!と充実感を得た私はさっそく生地屋さんへ行って新たに生地を調達することに。

▼お次は、くすんだピンク色のナチュルコットンで作りました。

ピンク ギャザー襟

1,490円の生地を0,5m購入。0,3mで足りたけど、0,5mから購入の生地でした。

制作費は495円です。

2つめということで、精度が上がって早く正確に作れました。

フリルっていくつになってもキュンとしますね。

ツイードの生地の襟

ツイード襟

生地屋さんでワゴンにあった着分の1,000円のツイードがさらに半額になっていて、表襟分しか生地は使わなったので、実質100円くらいで表襟部分のツイードが使えました。

裏地もセールの生地で100円くらい。

襟周りに使っているチュールが330円くらいなのでチュールが一番高いですね。

とはいえ、600円くらいで作れたのでコスパ良しでうれしいです。

襟周りのチュールはつけ襟ライフのレシピではないのですが、前に見かけた襟がこんな感じだったなぁと参考にしています。

スカラップ襟

千鳥格子襟

こちらもワゴンの激安セールで見かけたポリエステル千鳥格子生地で作りました。

着分640円のさらに半額で生地代は320円。

「つけ襟ライフ」のスカラップ襟のパターンを使って、短いタイをつけるのは私のアレンジです。

作っているときにアレンジしずぎかなぁと思いつつ、自分で試着してみたらこれが一番似合ってました。

それぞれを試着した写真

4枚を試着するとこんな感じ。

黒の長袖Tシャツにオーバーオールというシンプルな普段着に合わせてます。

襟 試着

この服装には千鳥格子のスカラップ襟が合うな~

さいごに

つけ襟を作ってみてすごく楽しかったですね。

洋服を一着作るのって時間も労力かかるし失敗したときのリスクもあるから、洋裁は好きだけど最近はほとんどミシンを触ることがありませんでした。

襟はどれもひとつ2〜3時間ほどで作れましたよ。

つけ襟なら費用も時間も抑えられ、簡単に仕上げられるのがいいですね。

しかも同じ服でも違う襟で簡単に雰囲気を変えられるもの良い。

これからつけ襟づくりにハマりそうです。

ABOUT ME
たまたま
北海道札幌に住んでいます。高校生の息子と2人暮らしのシンママ☃️フリーランスで漫画・イラスト・ライターのお仕事しています。